読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEOカフェ | アクセスと売上UPを目指して

〜 SEOにお悩みの方は是非コーヒーブレイクしてみてください 〜

片想いは嫌だ!サイトの構造をしっかりとGoogleに認識してもらおう

Webマーケティング・SEO・集客
このコンテンツは、架空のキャラクターであるWeb担当担当の如月ゆずが、Web集客の中でも目に見えないSEOを中心にWebマーケティングを学びながら成長していくブログです。

人に認識されたり好意を抱かれると嫌でも意識しちゃいますよね。

 

意識したことなかった人から告白とかされると何故か恋愛対象に滑り込みセーフで入ってくるあの感じは一体なんなんでしょうか・・・。

 

もしあなたのサイト(想い)がGoogleに認識(見向きも)されなかったら悲しいですよね・・・

 

f:id:kiyopiko-business:20161121003149j:plain

 

あなたのサイト・・・もしかしたら的確に認識されていないかも

せっかく作ったサイトや新たに追加したページは人間にもGoogleにも的確に認識してもらいたい!!

 

人間であれば、デザインの格好よさとか使いやすさとか Googleであれば、サイトの構造やレスポンシブデザインなのかとか

 

実は、一見人間の目では綺麗なサイトと判断されそうであっても、Googleからすると認識してくれないケースがあります。

 

忘れてはならないのが、Googleが読み取ったサイトやページを評価し検索したユーザーへ表示するので、

 

優先度はあくまでもGoogleよりもユーザー

 

でもユーザー目線でのデザインを考慮しないとGoogleも評価してくれない(と思っている)。

 

(どっち!!笑)

 

要はバランスが大事ということですね!

 

Googleが理解しているかどうかを調べる方法

『Google Search Console』を使えば、Googleからどのように理解されているかを知ることができます。

 

実はそれだけではなく、サイトやページが「どういったキーワードで表示され、クリックされているか」だったり「ペナルティを受けているページ」を知るための重要なツールでもあります。

 

Web担当者にとっては恋人のような存在でもある、通称サチコです。

 

サチコ:https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

(登録がまだという方は、こちらを参考にしてください)

 

Google Search Consoleはとても便利な機能なんですね。

 

  • サイトがどういう言葉で表示をされていてクリックされているか
  • モバイルフレンドリーに対応しているのか
  • Googleから警告が来ているか
  • 認識してもらえていないファイルがあるのか
  • 悪質な被リンクがあるのか


といったことを教えてくれます。

 

また人間には見えていても機械であるGoogleは理解できないファイルもあったりするんですね!

 

どこがエラーで読み込めないのかを画面の下に提示してくれる機能もあります!

 

f:id:kiyopiko-business:20170216010733p:plain

 

重大度が「高」であるものほど緊急性が高いエラー内容となり、「中」「低」「ー」の順で表示されます

 

この各項目を直していくと、きちんと認識してくれます。

 

f:id:kiyopiko-business:20161121002142j:plain

 

理解してもらうためにrobots.txtで適切に案内

「robots.txt」ってあるじゃないですか。

 

どのサイトも管理下にあるサーバーにファイルを置いているはずですが、基本的にそちらに設置してあるはずです。 ※初期設定のWordpPressは、置いてありません。(後述説明)

 

ちなみに、あなたのサイトのrobots.txtはブラウザから確認できますよ。

 

サイトのTOPページ/robots.txtで表示されます。

 

GoogleはURLを辿って認識するので、URLを打てば表示されるは当たり前の話ですよね。

 

見れました?

 

見れない場合や404エラーが出る場合は、設置されていないので設定しましょう♪

 

ちなみに・・・多くの方が利用しているWordPressにはrobots.txtが元々設定されていません。

 

f:id:kiyopiko-business:20161121003153j:plain

 

WordpPressにはrobots.txtはない?

WordpPressには初期設定ではrobots.txtは存在していません。

 

厳密に言うとrobots.txtは存在しているのですが仮想ファイルとして存在しているので編集しようと思ってもサーバー内からはアクセスできません。

 

その際は手動でrobots.txtを設置して記述編集することができます。 (すんごい省略してるけど、参考はこちら

 

robots.txtはGoogleへ正しく認識してもらうための案内役となります。

 

ここでつまずくと、どれだけコンテンツを量産していようがどれだけ質が高かろうが、否認していたりそもそも認識して欲しい内容が異なっていると評価されません。

マイナスにはなりませんが、評価されないってことですね!

 

もう一度、robots.txtを見直してみてください〜♪

 

f:id:kiyopiko-business:20161121003144j:plain