読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEOカフェ

〜 SEOで悩んだらコーヒーブレイクしたら良いと思うんだ〜

【当たりはない!?】動画有:祭りのクジを運営する大人はエゲつねぇ!!

【当たりはない!?】動画有:祭りのクジを運営する大人はエゲつねぇ!!

GWスタート?の土日に、なぜかグータラでネットサーフィンをしていたら超絶面白い動画を見てしまった。

お祭りの「クジ」分全てを購入したら景品は本当に当たるのかというのを調査する動画だったんだけどさ。

これが、まぁクッソ面白い内容と同時に汚い大人ってエゲつないなぁと素直に感じてしまった。

話題になっている動画はこちら↓↓

www.youtube.com

全部で10分弱だけど、軍資金300万を片手に挑むところが逆に凄い。

1か月前くらいからテレビや新聞でも取り上げられていて、相当炎上している(た)ようだけど全く知らなかった(笑)

投稿者のヒカルさんはかなり有名な人みたいです。

ボートレースで200万当てたり、1,000万円のマンションを現地視察なしで購入したり現代の人が行わないことをかなりやっているようで・・・。

逆に顔バレしてるから、いつか街中で刺されないか心配なくらい凸している。

祭りクジの真相

1〜100まである数字があり、特賞、A賞、B賞、C賞、D賞という5段階のステータスがあったオミクジ屋さん。

特賞:100
A賞:81〜90
B賞:61〜80
C賞:31~60
D賞:1~30

特賞はニンテンドーswitch

1回300円でニンテンドーswitchが当たったら相当儲けもんです!

でも儲けているのはお店側。

後日ネット住民の結束力?によって、そもそも用意しているクジの製品は、1〜50までしかないスクラッチクジだったことが判明(笑)

用意している宝くじには特賞〜B賞は当たらない

最初から100なんてクジはない

完全なる出来レース

子供の頃は純粋だったから分からなかったけど、中学〜高校生くらいから薄々感じていたよね。

サンタとオミクジの当たりは存在しない

実際本当に宝くじで1等当たるところもあるみたいだけど、どうなんだろうなぁ。

問題となっていること

「当たりが存在するよー」「景品が当たるよー」としていて、実際当たるわけがない出来レースだったらどうなるのか

●詐欺罪にあたるか?

「仮に、『当たりくじ』が存在しないため、景品を渡すような事態が起こりえないことを知りながら、店先に景品を展示し、さも『当たりくじ』が出ればその表示にしたがって、景品を進呈するかのように装い、くじ(空くじ・ハズレ)を販売していた場合、刑法上、詐欺罪(刑法246条1項)にあたります。法定刑は『10年以下の懲役』です。

人気ゲーム機の「景品くじ」、露店で大量購入も当たらず…法的にどんな問題がある? (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

やはりダメっぽいですなぁ

あと、景品規則に関してはこんな法律もあります。

商品・サービスの利用者に対し、くじ等の偶然性、特定行為の優劣等によって景品類を提供することを「懸賞」といい、共同懸賞以外のものは、「一般懸賞」と呼ばれています。

懸賞による取引価額 最高額 総額
5,000円未満 取引価額の20倍 懸賞に係る売上予定総額の2%
5,000円以上 10万円 懸賞に係る売上予定総額の2%

例 抽選券、じゃんけん等により提供 一部の商品にのみ景品類を添付していて、外観上それが判断できない場合 パズル、クイズ等の回答の正誤により提供 競技、遊戯等の優劣により提供 など
景品規制の概要|消費者庁

消費者庁の表に従うのであれば、今回は300円の取引金額だからMAXでも6,000円に相当する額でなければいけないことに・・・!

http://amzn.to/2oMrfn1

Amazonで調べてみる

Amazonでも約40,000円なので、もはやどちらからの側面でもダメな気が。

店長は『くじがなくなったら足すだけだから』『もう当たりが出てるかもしれへん』と繰り返し説明してるのよ。

ただし『今この中に当たりがあるかどうは分からん』として言及を控えるんだよね。

目の前に景品の箱あるじゃーん

っていうのがいちお祭りを楽しみたい一般人の意見であることは間違いない。

頼むから子供の夢を壊さないでくれ・・・。

クジ屋側に意見を合わせるなら

良い悪いは別として、稼ぐ人はなにかしら上手く稼ぐ方法を考えているのは間違いない。

世の中見渡してみても、『絶対そのサービス、世の中に必要とされてなくない?』というものは案外多い。

でも、企業があるということは事業が成り立っているということなので、どこかで金の巡るタイミングと需要があるんだろう。

クジ屋も「さぁさぁ、当たればお得だよ〜」と表では良い顔していも「本当は大当たりは存在しない仕組みなんだけどね」と悪魔のような気持ちで受け答えしているけど、

そのサービスを欲している人(クジを引いて景品を当てたい人)との需要と供給が成り立っているんだよね。

(本当に当たるクジ屋もあるので一概には言えませんのでそこはご了承ください)

用意する見せかけの箱や出店料とかあるから差し引かれても粗利100〜85%の間で落ち着くと思うんだ。
(見込みが甘いという意見は却下します。笑)

1日に300円のクジを150人が引いたとしたら、45,000円
45,000円×85%=38,250円が儲け分

このタイミングで大当たりが出るもんなら赤字になっちゃう。
当然確率を極めて低くしようとするよねぇ

お金が入ってくるシステムを作るということを考えるのは大変だけど粗利率が高いサービスって儲かるわけだから、そりゃ当選クジ出さないわな〜。

座りながら受け答えして「はい、残念でした〜」って言うやり取りだけすれば金が入ってくるんだから昔の大人はエグいことを考えるわ。

ただ今回の動画では150,000円分もつぎ込んでB賞も当たらないのはさすがにエグいから、当選クジは用意すべきだったと思うわ。

まとめ

・クジ屋も考えている
・大当たりはほぼ当たらない
・子供の淡い期待は無残な現実と隣り合わせ

ん〜

お金があるから、そこまで言及できるけど普通はできないよね。

まぁユーザー(顧客)としてもサービス提供者としても考えさせられる動画だったなぁ。

ヒカルさんの今後に期待してます!

スポンサーリンク