読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEOカフェ

〜 SEOで悩んだらコーヒーブレイクしたら良いと思うんだ〜

【フリーブックスが閉鎖】無料漫画サイトが突然の閉鎖で中毒者が騒然しているらしい

【フリーブックスが閉鎖】無料漫画サイトの当然の閉鎖で中毒者が騒然しているらしい

もうネットでは騒然となっているが、著作権が問題視されていたファイル投稿共有サイト「Free Books(フリーブックス)」が、5月3日15時ごろに閉鎖したらしい。

5月9日になってようやくメディアが騒ぎ出した。

おそっ。

Yahoo!ニュース

正直なところ、フリーブックス中毒じゃなかったから閉鎖されたことはもちろんサイトアタックを受けていることも知らなかった。

じゃあ何で気がついたのか。

それは今日のアクセス数で知ることになったのね。

1日のアクセスが4722

1日でアクセスが4872ぃ!?

ちなみに、これは夕方18時頃の数値。

なんだなんだ、と思ってGoogle Analyticsを見てみるとフリーブックスについて言及した記事だったのね。

ガチで無料で漫画を読めるらしいけど色々炎上しそうな漫画サイトを知った - SEOカフェ

『んん?』と思って「フリーブックス」とネットで検索したら

フリーブックスが5月3日に閉鎖

フリーブックス閉鎖

正直、言葉が出なかったよね。
5連休の初日に衝撃すぎたわ。

ネットでは悲鳴と賞賛の声

違法アップロードの温床だったサイトが閉鎖されたことによって出版社側はホッと息をついたところだったんだろうけど、ネットではヘビーユーザーからは叫びの声が止まらない。

https://twitter.com/hacchibunx3/status/859623265794445312

https://twitter.com/a823a977a5fd4dc/status/859624173253132289

とまぁ顔出しで良く言えるもんだな〜と思ってたら同じことを感じている人もいるわけで。

ん〜賛否両論あるけど、無料で大量の漫画を閲覧できていたサイトが閉鎖されれば、中毒者は嘆くし発狂するんだろうなぁ。

news4wide.livedoor.biz

kai-you.net

今後どうなるのか

サーバーも海外に置かれると削除申請を行うのも異論を唱えるのも難しい。

めちゃんこわかりやすい説明をしているのがこちら

“外国在住"の"外国国籍者"が"外国のサーバー"に対してアップロードを行っている場合、論理としては外国に建てられたでっかい図書館の中を大量の日本人が双眼鏡で覗いてるだけともいえます

フリーブックスに対してバカ真面目に削除申請するのは電話線の切れた受話器にむかってもしもしとつぶやき続けるようなものです、意味がないので推奨出来ません。

フリーブックスとは一体何なのか?

今回の件で、フリーブックスの運営元も結局はわからずだった?ようだけど、運営元は名前とサーバーの場所を変えて同類サイトを構築するだけで元どおり。

そして、海賊版が出たら出版社と理性を保った人たちによるネット上での物議を醸し出すというイタチごっご。

ドラマやアニメを無料で見れるサイトも同様なんじゃないかなと思うんだけど、日本人って漫画コミック好きだから余計に反応しちゃうんだろうね。

今後の展開が気になるところだけど、とりあえずしばらくは盛り上がりを見せそうだ。

本や漫画はお金を出して買うというのが普通であって、ネット上で本や漫画を読みたいんならシーモアレンタ月額費用を払って読んだほうが良いんだな、やっぱり。

マニアだったらお金を払っても絶対買う

ワンピースとかナルトとか、ドラゴンボール(なぜか全部ジャンプ系というのは置いておいて)ってモーレツなファンがいるじゃない?

今後の憶測話で盛り上がれるくらいに。
そうなると絶対手元に置いておきたいじゃない。

違うかな・・・

なにが言いたいかっていうと、その人にとって本当に面白くてハマる漫画だったらどんなに高くても買う人は少なからずいるってこと。

TDLは某国に真似されても決してブレない。

某国でTDLの海賊版が完成しても、日本にある本物のTDLが良いっていう某国民がいるくらいファンになってもらえれば良いんじゃないかな。

あ、この発言は話がズレてるし何だったらプチ炎上くらいしそうだな。(するわけないか)

今回のフリーブックスのポイントは、お金を払って見れていたものと同等の漫画を無料で読めてしまうというところが問題なんだけど、本物が良い!安全が良い!っていう人はお金を払ってでも見たいという人を増やすべきじゃないかな。

まとめ

出版社・作者の方々はフリーブックスが終焉を迎えたことで良かったんじゃないでしょーか。

・フリーブックスの終焉
・ネットでは賛否両論(悲鳴のが多め)
・ライセンスあるサイトから購読しよう

フリーブックスの生まれ変わりサイトが出たらそれこそ騒然だな〜

フリーライブラリー(無料の図書館)とか。

どうなることやら。

スポンサーリンク